tonysame loves theo

「良いメガネをもっと楽しく。一人でも多くの方に」
そんな思いから始まったデザイナーズインビテーションプロジェクト。
ブランド10周年を記念したプロジェクトは、独創的なデザインとカラーリングで熱狂的なファンも多いベルギーのtheoとの協業です。

特集ページではtheoの Toonが、トニーセイムとのコミュニケーションであかしてくれた、このプロジェクトにかけた想い、デザインに対する考えをお伝えします。

Model: HAKU

47◻︎21 140 / ¥40,000

  • col.1 マットブラック・ブラック

    col.1 マットブラック・ブラック

  • col.2 マットブラック・ゴールド

    col.2 マットブラック・ゴールド

  • col.3 マットブルー・シルバー

    col.3 マットブルー・シルバー

Model: KIKO

45◻︎23 140 / ¥40,000

  • col.1 マットブルー・マットブラック

    col.1 マットブルー・マットブラック

  • col.2 マットレッド・マットブラウン

    col.2 マットレッド・マットブラウン

  • col.3 マットグリーン・マットブラウン

    col.3 マットグリーン・マットブラウン

Interview with Toon
from Theo

TheoのToon氏へインタビュー

theo:Toon氏
  • Was there any relationship between theo and tonysame before this collaborative project?
    テオとトニーセイムのこれまでの関係性は?

    We have met tonysame many years ago at the Hong Kong show. At that moment we had no idea who or what the brand represented. But as thier booth was always really busy we were curious.
    And of course during shows there are always quieter moments and there we had time to meet each other and started to learn each other…

    私たちは随分前に、香港展示会で会いました。その時は実際どこのブランドかわかりませんでしたが、ブースはとても忙しそうで興味を持っていました。

  • How do you think about tonysame?
    トニーセイムについて感じていることを教えてください。

    I think they make beautiful eyewear. More important, they have their own identity. Which I think is always important in a brand.

    彼らは美しいアイウェアを創っているよね。ただそれ以上に大切なのは、私たちも常に一番大切だと考えている「ブランドの個性」を持っていることだね。

  • What is the uniqueness of Theo’s production??
    テオのプロダクトの独自性は何ですか?

    We at theo always push our designers to develop their idea the fullest into the frames.
    Meaning, I think every detail in every frame is incredible important.
    It’s all about the small details and at the end … it that uniqueness that makes the frame.
    So if you translate all those details into production you can imagine it’s not always easy to achieve our design into reality.sometimes we just have to push limits to open new possibilities in the production.

    私たちテオはデザイナーのアイデアをフレームに最大限活用することを求めていて、それはつまり全てのフレームの全ての要素が重要。それは本当に小さなディテールのことで、その独創性がフレームを形作る。
    ディテールのイメージを全て生産に落とし込み、実現しようととするのは毎回本当に大変で、時には自分たちの限界を押し広げて、新しいものつくりの可能性を広げる必要があるんだ。

  • What is the concept of this product?
    このプロダクトのコンセプトは?

    Theo is more known for his metal production. As we love to play with neon colours. So we have designed a metal front… that stands for who we are as theo and also our strongest point… this together with acetate hinges which is a design feature with Tonysame. So at the end we have a beautiful design created by theo but finished and made by Tonysame. So you feel it’s theo… but made by tonysame. That was our goal. So you see there is a connection to our collection but different…

    テオはメタルフレームとネオンカラーで遊ぶブランドとして知られている。だから、その強みを生かし「テオ」であると表現するためにメタルフロントをデザインし、トニーセイムのデザイン的特徴であるヒンジを組み込んだアセテートテンプルと合わせたんだ。
    最終的に、テオがデザインし、トニーセイムが仕上げた美しいフレームを生み出した。
    これはテオだけど、トニーセイムによって創られる。これが目標だった。
    あなたもそれぞれのコレクションと繋がっているけど、違うものということが見て取れるでしょう…

  • How did you feel when you saw the tonysame:theo products??
    実際にこのフレームを見たときはどのように感じましたか?

    I see the collection of tonysame I felt that they made really beautiful. They found ways to play with colours, acetate, hinges, …. They are really creative in their own way and I think it’s really well done. I loved their hinge. It’s stylish, elegant and strong.

    彼らはとても美しいものを創ったと感じたよ。色使い、アセテート、ヒンジなどのうまい使い方を見つけたようだった。トニーセイムなりの方法で創造性を発揮して、本当にうまくやってくれたと思う。このヒンジは私も大好きだ。スタイリッシュでエレガント、そしてとても丈夫だね。

  • Have you been collaborated with several eyewear brands so far?
    これまでアイウェアブランドとコラボレーションしたことはありますか?

    no, we have never done this before. We have collaborated with artists and incredible people that have nothing to do in the eyewear industry. But never with another brand. So for us it’s new. Tonysame is a strong brand in the Asian market. Theo is known for being special and different. So our goal was to open eyes and make something different but still incredible wearable which is nice finished and you feel the autograph from theo in a tonysame jacket.

    いいえ、これまではありませんでした。様々なアーティストや素晴らしい人々とコラボレーションしてきましたが、メガネ業界では初めてで、決してほかのブランドとはありません。
    つまり私たちにとっては新しい試みでした。
    トニーセイムはアジアのマーケットに強いブランドで、テオは「特別」で「特異」なブランドとして知られています。
    つまり私たちの目標は目を開けて、何か違ったもの、「トニーセイムのジャケットにテオのサインがしてある」ようなもの素晴らしい装飾品を創ることでした。

  • What is the interesting thing about this collaboration?
    このコラボレーションの面白いところは?

    The most interesting part is seeking for new limits. We have experience in making frames as so do we… but it’s the combination of the 2 brands that pushes us to new limits. So we loved it and it was a nice experience.

    一番面白かったのは新たな限界を求めたこと。私たちはそれぞれフレームを創ってきた経験があったが、フレーム制作における新たなリミットを押し上げたのは、2つのブランドが組み合わさること。こういうのは大好きだし、良い経験になったね。